ダイエットするなら有酸素運動も取り入れましょう

ジョギング中の女性

最近では女性でも男性でもダイエットに興味を持つ人が増えてきています。
女性でも男性でもダイエットの基本は運動と言われています。
運動には2つの種類がありますが、効率よくダイエットしたいなら筋トレなどの無酸素運動だけでなく有酸素運動も取り入れましょう。
有酸素運動とは酸素のエネルギーを利用して行う運動であり、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどが当て嵌まります。
運動中にどれだけ酸素を呼吸から取り入れられるかがポイントであり、その酸素を筋肉に供給することでダイエットに繋がるということです。
強度を軽めに保ったまま長時間行う運動が有酸素運動です。
そのため行う際には筋肉が酸素不足にならないように注意しましょう。
なぜ有酸素運動でダイエットできるのかということですが、人間は運動に必要なエネルギーを糖質と脂肪から得ています。
どちらか一方からエネルギーを得ているわけではなく、このどちらも必要とされています。
ウォーキングなどの有酸素運動の場合、糖質よりも脂肪を多く利用するということです。
そのため効率よく脂肪を燃焼させることができるでしょう。
脂肪をきちんと燃焼させるためには、20分程度運動を続ける必要があります。
また、脂肪分解酵素を活性化させることもポイントです。
この酵素を活性化するにはホルモンが必要であり、ホルモンの分泌を高めるためには中等度くらいの全身運動が良いということです。
有酸素運動をしてもすぐに効果が出るわけではなく、脂肪がエネルギーとして使われるまでに20分程度かかると言われています。
運動の強度によっても異なっていますが、脂肪が使われるまで運動を続ける必要があります。
しかし、20分続けなくてはいけないというわけではなく、1日トータルで有酸素運動をすれば脂肪が燃焼されるという考え方もあるということです。
健康的に痩せるためには基礎代謝を高める必要があります。
有酸素運動を続けることはもちろん、筋トレなどの無酸素運動も時々行うと良いでしょう。
有酸素運動の前に無酸素運動を行うことで基礎代謝がアップしますし、脂肪が分解されやすくなります。

ランニングだけで体重は落ちる?

ダイエットのために運動をしたいけれど、ランニングだけで体重は落ちるのか気になっている人もいるでしょう。
ランニングは短時間でもかなり疲れますし、痩せそうなイメージを持っている人もいるかもしれません。
ランニングを始めたらすぐに効果が気になるかもしれませんが、1ヶ月程度ではほとんど体重は減らないとされています。
また、1ヶ月である程度体重を減らせたとしても筋肉が減っているだけですし、脂肪には変化がないということです。
急激にダイエットを行うとリバウンドの可能性が高くなってしまうので注意しましょう。
なぜ急激にダイエットするとリバウンドしやすくなるのかということですが、人間は飢餓状態になるとエネルギーの高い脂肪を溜め込み、あまりエネルギー量が高くない筋肉を減らそうとするためです。
リバウンドせずにダイエットしたいという場合、理想は1ヶ月で1kgの減量を目指すのがおすすめです。
急激に体重を減らすとリバウンドのリスクがあるだけでなく、さらに脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。
ランニングなどの運動を行うことで筋肉量が増えますし、基礎代謝がアップするので痩せやすい体質に変わっていきます。
運動をしても体重はあまり変わらないかもしれませんが、見た目はかなり変わってくるでしょう。
すっきりと引き締まった体型になりますし、ウエストのくびれが目立つようになります。
また、ヒップアップやむくみ解消などの効果も期待できます。
適度に体を動かすことで腸の動きも活性化しますし、便秘の解消にも繋がるでしょう。
便秘は体重が増える原因になるだけでなく、肌トラブルの原因にもなるとされています。
便秘が解消されれば肌の状態も良くなるということです。