キックボクシングは痩せたい女性に大人気!

キックボクシング

女性が痩せるための運動には様々なものがありますが、近年特に注目を集めているのがキックボクシングによるダイエットです。
効率よく、かつ美しく痩せることができるというのが人気の理由です。
キックボクシングならカロリー消費の激しい、全身を使った運動ができます。
パンチやキックを繰り出していく競技なので、当然手も足も使いますが、すべての動きに全身が絡んできます。
強い足腰がなければ良いパンチを打つことはできませんし、キックを打つときでも上半身の腹筋や背筋を使うのが通常です。
女性がダイエットをする時は、ただ痩せることができればそれで良いというわけではありません。
健康的でしなやかな体に憧れる女性は多いです。
そのためには、脂肪を落とすのと同時に適度な筋肉で全身を引き締めることが大切です。
キックボクシングのトレーニングには、脂肪を落とすために必須である有酸素運動と、筋肉を増すための運動がどちらもあります。
例えば、サンドバッグに向かってパンチやキックを打つ動きは、有酸素運動の要素があります。
また、縄跳びを跳んだりロードワークといって単純にランニングやジョギングをするトレーニングも大切です。
キックやパンチの力強さを上げるためには、筋力トレーニングも必要です。
腕立て伏せやスクワットなどのほか、トレーニングジムにはキックボクシングに必要な筋肉を鍛えるマシンや器具も豊富にあります。
これらで筋トレをして全身の筋肉を引き締め、鍛えることができます。
女性にありがちなのが、筋トレをしてムキムキになることを心配する声です。
きれいに痩せたいだけであって、ムキムキになりたいわけではないというのが筋トレを敬遠する理由ですが、その心配には及びません。
女性の場合少々トレーニングをしたからといってすぐに大幅な筋肥大が起こる事はなく、あくまでも引き締めるというイメージで捉えると良いです。
美の専門家とも言うべきモデルやタレントなどが積極的に筋トレを行っているのもそのせいです。
キックボクシングのトレーニングをしていくうちに筋肉がつきすぎたと思えば、筋トレの量を減らしたり、控えたりすれば済みます。

筋肉をつけようとしてもタンパク質の摂取が大切

健康的に痩せるためには適度な筋肉をつけることが必要ですが、トレーニングだけで十分な量が賄えるとは限りません。
積極的に筋肉量を増やすためサポートしてあげることも大切です。
そのための良い方法として、タンパク質の摂取があります。
トレーニングを激しく行えば、筋繊維が細かく傷ついたり切れたりします。
体の治癒力でその筋繊維は元通りになりますが、その際に以前よりも少し太くなるという性質があります。
これを筋肉の超回復等と呼びますが、超回復を助けてくれるのがタンパク質です。
タンパク質が含まれる食品を積極的に摂る事は、きれいに痩せるためのコツです。
肉類や魚介類・豆類・卵などがその代表格として挙げられます。
中でも鳥のササミや大豆類などは低脂肪高タンパクの食べ物として知られ、アスリートなどにも愛用されています。
きれいに痩せることが目的なので、こういった食品をトレーニングの30分以内に取るなどの工夫が大切です。
納豆や無脂肪の牛乳、ツナなども低カロリーのため人気で、タイミングや量を変えたりしながら日常的に摂取を心がけると良いです。
さらに良質なタンパク質を体内に入れたいなら、いわゆるプロテイン食品を摂取する方法もあります。
粉タイプのものを水や牛乳で溶かして飲む商品が一般的です。
これならばトレーニングの合間やトレーニング後に速やかな摂取が可能です。
体に吸収される率も良く、効率的に筋肉をつけることができます。
サプリメントを利用するのも良い手です。
少ない量で手軽に、効率的な摂取ができるのでこちらも女性に人気が高いです。
これらを組み合わせることで全身の筋肉量が増せば、基礎代謝を上げることができます。
基礎代謝が上がれば太りにくく痩せやすい体質になり、きれいに痩せるという目的にさらに近づくことが可能です。